他人の容姿や肌荒れ・アトピーについて悪く言う人は人間性が悪いです

他人の容姿や肌荒れ・アトピーについて悪く言う人は人間性が悪いです

 

 

 

ニキビは自分で前向きな気持ちを持って積極的に治療していけば治る病気です。どうせ治らないからとあきらめたら誰も治してはくれません。
周りの人へ自分がアトピー性皮膚炎であることを伝え、できないことがあることを理解してもらうと安心して人と交流することができます。

 

にきびがあることを隠そうとすればするほど自分がつらくなります。隠していても見えてしまうので、言ってしまったほうがお互いに気持ちが楽になります。

 

 

●ダニが増える時期に布団の丸洗いをする、短時間で薬を塗る方法を編み出すなど日常生活の中で、どうしたら自分が快適に過ごせるかを工夫することが大切です。にきびがあっても毎日を快適に過ごすことができるのです。

 

 

●にきびがあるからこそ、他人の辛さや痛みがわかるようになったり、普通に接してくれる人がありがたく感じたりするものです。
それがわからない人も世の中にはいますので、自分の外見をとやかく言う人に対しては気にしないようにして、相手にしないのがよいです。
ある意味、コンプレックスがあると、本当に良い人とそうではない人のことがよくわかります。

 

 

他人の言動にいちいち振り回されるのは不愉快なので、まずは自分の価値観や肌トラブルを超えた所での自分の在り方を考えて、それを固めるべきだと思います。すると他人の言動にいちいち左右されなくて済みます。それに他人はにきびがあってもなくてもその人となりを見て付き合っていくので、症状にとらわれなくても案外平気です。
色々と言う人は、他人の欠点を見つけてなにか言いたいだけです。正直、人間性も良くないので近寄らないほうが良いですね。
容姿のことでとやかく言う人は大人ではないし、みっともない恥ずかしい行動です。それに気づかないまま大人になってしまうのは
ある意味可哀そうなことです。

 

 

●にきびは皮膚症状であることから、他人の目を気にして他人との交流に対して否定的になりやすい傾向があります。人付き合いやコミュニケーションがとりにくいということがありますが、いつまでもネガティブに考えていても何も変わらないということもあり、よい意味で開き直ることも大切です。

 

自身がにきびであることを明かし、それを受け入れてくれる人を見つけるしか道はないと思います。もし、そういう人を見つけられたら、コミュニケーションの喜びを実感できると思います。
●にきびがある上で社会の中で人と関わっていこうとすると、いつ自分の症状の事を言われるか、
いつも不安でいっぱいになります。肌荒れの事を他人から指摘されるのは不快だし、傷つきます。
しかし人間を総合的に見た場合、人生に何の問題も抱えていない人はいないはずです。

 

 

●自分を否定せず、自分の好きなこと、得意なことに打ち込み、自分の可能性や良い所を見つけることで、自分に自信をつけることが大切です。皮膚だけが自分ではなく、どんな考えの人なのか、どんなことが出来る人なのかが大切であることに気づくと思います。皮膚の劣等感から暗くなっているより、皮膚が汚くても明るい人、前向きな人は一緒にいて楽しいと思われるようになり、多くの人と交流できるようになるでしょう。
●あれができない、これもできないとできないことを数えて嘆いていても前には進まないものです。人と比べることなく自分の好きな事を見つけたり、視野を広げて別のものに目を向けるなどして、自分らしく生きることを目標にしてみると新しい世界が開かれてくると思います。