キメが整った肌になりたい肌のターンオーバーが美肌のカギ?

キメが整った肌になりたい肌のターンオーバーが美肌のカギ?

 

肌のキメが整っていると、きれいに見えます。

 

そもそも、肌のキメが整っている状態とはどのような状態なのか気になりますよね。

 

 

お肌に弾力があること

 

毛穴が目立つ肌は、キメが細かいとは言えません。
お肌に弾力があり、跳ね返るようなハリも必要です。

 

中でも真皮はコラーゲンやエラスチンなどの弾性繊維を多く含んでおり、お肌の弾力やハリを左右する器官です。

 

コラーゲンやエラスチンの量が十分にないとお肌の弾力を保てないので、コラーゲンやエラスチンを作り出す繊維芽細胞の存在がとても重要です。

 

線維芽細胞はヒアルロン酸やプロテカグリカンなども作っていて、細胞と細胞をつなぎ合わせて真皮がお肌の弾力を保っていられるようにしています。

 


毛穴に効果のある超音波美顔器!

 

ターンオーバーが正常に行われていること

 

自然治癒力のパワーで、通常のお肌は、1か月から2か月ほどで、肌が生まれ変わります。

 

お肌のターンオーバーは周期通りに行われるだけでは十分ではなく、お肌に栄養や十分な量の水分が
含まれていないとお肌の表面に出てきたときに乾燥しやすいお肌になってしまう恐れもあります。

 

キメの整ったお肌に育てていきたいのであれば、栄養分を肌に与えながらお肌のターンオーバーを正常な状態に戻していくことが大切です。

 

 

 

●美顔器ケアの後はスキンケアで保湿

 

ヒアルロン酸の元となる栄養素の豊富な食事を取ることも大切ですが、
同時にスキンケアでも肌の乾燥を抑えて保湿効果を高めることが大切です。

 

美容液の中には、大きく分けて2種類のタイプの保湿成分を含んだものがあります。
セラミド、ステアリン酸コレステロールといった水分を挟み込むタイプの保湿成分です。
は、細胞間に水を挟み込んだまま、湿度の低い状態でも水分を保ち続ける力が強いです。

 

ヒアルロン酸、エラスチン、ヘパリン類似物質などの含まれた水分を抱え込む
の保湿成分です。肌の角質内に留まり、水分を保ちます。ヒアルロン酸は肌への刺激が
くないため、敏感肌の用の化粧品にも配合されています。また、ヘパリン類似物質は
医薬品のヒルドイドに用いられていることでも知られていますね。