30代から始めたいシミ対策・おすすめの美白基礎化粧品でスキンケア

30代から始めたいシミ対策・おすすめの美白基礎化粧品でスキンケア

 

日焼けした肌や、シミが出てきた・・・

 

ファンデで隠したい肌悩み、ツライですよね。

 

 

 

10代のころとは違い、肌の新陳代謝も変わっていきます。そして、運動をしなくなると、どんどん古い角質が残ってしまうのです。

 

運動をしないと血液の流れが停滞して、体のすみずみにまで必要な栄養分が浸透しなくなってしまいます。
新しい細胞が作られず、肌トラブルが起きやすくなるのはこのためです。

 

きちんと運動をして血行を良くして、必要な栄養分をしっかり届けることができれば、 新しい細胞を作ることができます。
つまり、運動をすることは理想的な周期でターンオーバーができることにつながるのです。

 

運動をして肌のターンオーバーの周期を正常に整えることは、肌の保湿機能を高めることにもつながっていきます。
サウナや運動で汗をかくということは、肌の新陳代謝を上げて、透明感あふれる美肌を作るためにも大切なことですね。

 

 

私たちの肌には「角質層」と呼ばれる層があります。角質層は死んだ細胞が20層ほど重なってできている層で、
その細胞と細胞の間には「NMF」と呼ばれる保湿成分が存在しています。

 

 

肌が理想的な周期でターンオーバーできていると、 この角質層は整然と並んだレンガのように整った状態で、
角質細胞の周辺にはNMFが十分に存在しています。

 

 

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、そのうち副交感神経はリラックスした状態のときに働く神経です。

 

疲れを感じたり、緊張した状態が続いたりすると交感神経が活発になって、体の不調を感じるようになってしまいます。

 

自律神経を整えるには、ストレス発散や適度な運動でリフレッシュするといいでしょう。生活のリズムを整えて
、しっかり睡眠をとり、バランスの良い食生活を心がけることも大切です。

 

 

化粧水などのスキンケアのお手入れも大事ですが、まずは毎日の運動が肌の新陳代謝を高めるために大切なポイントです。

 

 

美肌女子がしている美白スキンケアをランキングで紹介します

 

『エイジングによる不調』。
ラグジュアリーデ・エイジの『リフティングローションEX V』はコメ由来の『ライス発酵液』を新たに配合し、毎日使い続けることで肌本来の基礎力を高め、
皮膚科学の視点から着目したGF(グロースファクター)をはじめ、
エイジングケアのために選び抜いた美容液水分によりハリと明るさの溢れる肌に整えます。

ホワイピュア薬用美白クリームは、効能・効果が認められた医薬部外品です。
「トラネキサム酸」「アルブチン」の2つの美白成分で、シミ・そばかすを防ぎます!

 

そして、シミ・そばかすへの効果だけでなく、
乾燥による「小じわ」を目立たなくする効果など、
これ1本で様々な役割があります。

シズカゲルは医学誌にも掲載された独自成分を配合し、
また、医薬部外品の認定、効能評価試験も受けた
「評価をされた」薬用美白オールインワンです。